アルトサックスの基礎知識

ここでは上達する為に知っておきたいアルトサックスの基礎知識をお伝えしています。
上達の参考になれば幸いです。

憧れのアルトサックスを思い通りに吹いて楽しみたいという方には、

基礎からジャズ演奏まで完全収録のお得な3弾セットもあります↓↓


アルトサックスの基礎知識記事一覧

アルトサックスのマウスピースとリードの選び方をご存じですか?マウスピースとリードはそれ自体が音を出すものなので、楽器の中でも一番大切な部分ですね。そして、マウスピースの選び方としては、先端があきの広いものと狭いものがありますが、アルトサックス初心者はまん中あたりのものを使うと良いです。初めての人は唇の締め具合が一定しないので、空きが広いと音程が定まらなかったりします。かと言って狭すぎると、リードが...

初心者の方なら、正しいサックスの持ち方や姿勢、呼吸法なども分からず、音がきちんとでなかったりと悩む人も多いのではないでしょうか。まず、楽器の持ち方としては、マウスピースが口の位置にちょうどくるように吊りひも(ストラップ)を調節するようにします。そして、肩の力を抜いて、背筋を伸ばし構えるようにします。肘が横に張っていないか、アゴは前に出して猫背になっていないか、楽器が下向きになりすぎていないかなど気...

サックスでは、まず「音を出してみる」ことが大切ですね。そして、アルトサックスの演奏で重要なもののひとつが、マウスピースのくわえ方とダンギング(舌打ち)です。管楽器は、すぐに音が出ないから大変と思うかもしれませんが、サックスに関しては、ギターやドラムなどとそれほど差はありません。教室に通うと先生から事細かに教えてもらえるのですが、独学となるとそうはいきませんね。マウスピースのくわえ方としては、下唇を...

憧れのサックスを趣味にしたい!と思ったら、 近くのサックス教室を見つけて、体験に行って、 楽器を購入して、教室に通う。そんな方法が一般的ですよね。私が学生時代はかれこれ30年くらい前になるのですが、サックスはもとよりジャズの教則本は数種類しかなく、しかも複雑でとても難しく感じたものでした。ですが、現在は楽器店にわざわざ行かなくてもインターネットの教則本はたくさん見つかります。数があまりにも多すぎる...

アルトサックス(サクソフォン)の正しい組み立て方をご存じですか?サックスはケースに保管する際、いくつかに分解して保管し、使うときはそれを組み立てなければなりませんが、難しいものではなく、本体、ネック、マウスピースの3つを接続するだけの簡単な作業です。アルトサックス(サクソフォン)の正しい組み立て方を解説している動画があるので見て下さい↓↓ネックを本体へ取り付ける時には、接続部分が硬くきついことがあ...

アンブシュアを身につける練習方法をご存じですか?楽器を吹く時の唇の形やそれを取り囲む筋肉の状態、マウスピースを加えた時の歯の位置など、楽器を吹いている時の口の中やその周辺、顎、喉などの状態がアンブシュアです。良いアンブシェアを身につければ、自分の気に入った音でいっでも演奏が出来るようになり、深く加えれば力強く太い音、反対に浅く加えればやさしい繊細な音が出ます。正しいアンブシェアは、上の歯をマウスピ...

音つくりの基本はロングトーンですね。ご存じだと思いますが、ロングトーンは、文字通り長い音を吹いで、ひとつの音をただ伸ばすだけです。ですが、熟練の度合いによって同じ練習をしていても意識していることも違います。そして、なぜロングトーンを練習するのか、しっかり目的を持つことが大切です。そして、サックス (サクソフォン)の場合なら、音域が狭いことから、ある程度吹けるようになって時間に少しでも余裕があれば全...

アルトサックスの基本的な手入れの仕方をご存じですか?サックスは一見頑丈そうに見えますが、とても繊細な楽器なので長持ちさせるには練習後の掃除や手入れを欠かさないようにすることが大切ですね。そして、サックス(サクソフォン)を持って組み立てる時や外す時は、キーの部分を直接持たないようにして、演奏後は、管の中にたまった唾を綺麗に拭きとって掃除しましょう。特に演奏中には、ベルの部分やキー、タンポに唾が溜まり...

オクターブキーの使い方が上手く出来ていますか?サックスには、指の押さえ方をそのままにした状態でオクターブキーを押すだけで、1オクターブ高い音が出すことが出来るようになっています。これは他の楽器にはないサックスだけにある特徴と言えるので、初心者の方はオクターブキーの使い方などには十分に時間をかけて練習することが大切です。そして、オクターブーキーの押さえ方は、サックスはストラップと右手の親指で支えてい...

サックス(サクソフォン)の指の動かし方や指使いが上手くできていますか?大人から始めたアルトサックス初心者の方の悩みとして多いのが、「楽譜が読めない」や「指使いが難しい」ことでしょう。そして、サクソフォンの主鍵部分の指の動かし方の理想は、指の第一と第2関節が内側に少し曲がった軽くボールを掴んだような形で押さえるようにすることです。指が短めな人など、指がほぼ真っ直ぐに伸びている状態でもダメではないです...

譜面にはスラーやスタッカートといった音に表情をつける記号が沢山ついていますね。特にサックス(サクソフォン)は歌うように吹かないと格好が悪いので、これらを無視してしまうと機械ぽっい音になってしまいます。そんなこともあり、一般的な音に表情をつける記号には以下のものがあります。スタッカート音符の上又は下に(・)をつけて示してあり、音を短く切って演奏することで、ダンキングで音を出したら、直ぐに舌をつけて音...

サックスの結婚式で人気の曲を吹けるようになりたいと思いませんか?ご存じの方も多いかもしれませんが、昨年公開され、1年間で再生回数80万回を超えた思わず泣ける人気の動画がありますこの動画では、仕事一筋の真面目で、口下手な父親が、全く音楽知識のない初心者の状態からアルトサックスを2人の結婚式の余興の為に、一念発起して仕事の忙しい合間を縫って吹けるように練習をするのです。その結婚式の余興の曲は、福山雅治...

ケニーGをご存知でしょうか。現在はインターネットが急速に普及したこともあり、名盤CDやアルバム、ライブ映像までユーチューブなどの動画サイトで、見たり聴いたり出来るようになりましたね。その中でも、サックス界のスーパースターであるケニーGのアルバムは全米2位を記録し、これは歌詞や歌唱のない演奏だけのインストルメンタルでは、異例のヒットになりました。やはり、ケニーGさんの憧れの演奏を聴くと、自分でも「サ...

ビブラートのかけ方)をご存じですか?そもそもビブラートをかけるというのは、真っ直ぐに伸ばしている音にある一定の上下動の波(ピッチや音量、音色の変化)などを加えることを言います。そして、良いビブラートとは、その上下動の波が心地よい柔軟性や豊かさ、やさしさなどを与えるものと言えるでしょう。ジャズが好きでサックスを始めた方などは、そんなビブラートに憧れている方も多いことでしょう。そして、ビブラートのかけ...

アルトサックスでワンランク上の演奏をしたいと思いませんか?同じフレーズ(メロディー)をアルトサックスで演奏しても、強弱やテンポ等の違いによって、落ちつきのある演奏になったり、元気が良いなどといったような表情を感じさせることが出来ますね。このように、音の強弱とテンポもフレーズの表情に大いに関係があるのです。更に、弾んだ感じを出したり、なめらかに演奏したりすることも出来るなど、微妙なおもむきを表情豊か...

サックス(サクソフォン)のしびれるような音色、かっこよくて憧れる魅力的な楽器ですよね。現在50代以上の方でも、若い頃に憧れていたという人も多いのではないでしょか。そして、誰しも歳をとるものですが、50代になればこれまでの人生の振り返りながら、これから先の60代、70代の未来の自分の人生について考えることが多くなってくると思います。例えば、会社勤めをしている人なら、定年後には何をしようか、会社経営を...

サックスが良い音の出し方が分からないという悩みはありませんか?1人で何とか吹いてみるがどうも上手く吹けず、良い音が出ない。人に聞こうにも誰に聞けばいいのか分からないし、習いに行くにも踏ん切りがつかないという方もいらっしゃるでしょう。しまいには、自分にはサックスの才能なんてないんじゃないか?と思ってしまう人もいます。実は、これは全て過去の私のことなんですが、こうした考えはとても残念です。「いい年をし...

サックスを初心者から上達するには、教室などで先生との対面する実地レッスンしか上達しないと思っていませんか?このように考えている方も多いのですが、私は必ずしもそうだとは思いません。例えばプロを目指すなら、優れた先生の元で厳しい練習をすることも必要でしょう。ですが、大人になって初めてサックスを手にして、趣味で楽しみたいと思う方の教室などの対面レッスンには、実は決定的な短所があるんですね。これはある意味...