サックスの組み立て方

正しいサックスの組み立て方をご存じですか?
サックス(サクソフォン)はケースに保管する際、いくつかに分解して保管し、使うときはそれを組み立てなければいけませんね。

 

 

ですが、触れてはいけない箇所などもあるので、特に初心者の方なら注意が必要です。
そんなアルトサックスの組み立て方を解説してある動画を見つけたので、ご覧ください。↓↓

 

 

 

まず、リードのはめ方は、リガチャー(締め金)を少し緩めて上にずらし、リードをはめていきます。
その時リードの平らな面がマウスピースに側位くるようにします。

 

 

次に、リードの先端とマウスピースの先端をおおかた合わせたらリガチャーを定位置にずらして戻します。(吹く人のセッティングやマウスピースによって若干違ってきます。)
そして、リードの位置をマウスピースの先端からほんのわずか(髪の毛1本分くらい)下にずらして、リガチャーのネジを締めます。この時に指でリードを固定しながらネジを締めると動きません。

 

 

今度はネックにセッティングしたマウスピースを取りつけます。
まずネックのコルク部分にグリスを塗り、マウスピース差し込みます。少しきついようならグリグリ回しながら行いましょう。

 

 

種類にもよりますが、コルク部分が5ミリから10ミリ残る位置まで差し込みます。
また、サックスを購入した時についてきたマウスピースなら問題はないでしょうが、後から別に買った種類の違うものの場合は、穴のサイズがきつすぎたり、緩すぎたりすることもあります。

 

 

その場合は、楽器店でコルクを巻きなおしてもらうと良いでしょう。
応急処置として、紙やすり等で削ったり、紙をコルク部分に巻く方法もありますが、完璧ではないので。早めに巻き直すようにしましょう。

 

 

そして、いよいと本体にネックを取りつけます。
サックスはごちゃごちゃして動くところが多いので、どこを持てばいいのか分からないという初心者も多いことでしょう。

 

 

何より、精密なキーがたくさん付いており、一つでも曲がってしまうと音がちゃんと出なくなってしまうので、出来るだけキーボタンを触らないようにして、ベルなどを持つようにします。
特にネックと楽器が合わさる部分は金属だけなので、変形したり傷がついてしまうと、空気が漏れて音が出にくくなるので慎重に行って下さいね。

 

 

この吉野ミユキ監修の歌うだけでサックスがぐんぐん上達する初心者向けアルトサックス講座では、意外と間違っている人が多い、組み立てるときに触れてはならない箇所、持ち方など、正しい楽器の扱い方が初心者でも分かるように映像で丁寧に解説してあります。

 

中高年に大人気、サックスの教室に通うよりも上達が早い方法!

楽器の選び方や組み立て等の基礎から、憧れの名曲の演奏まで完全収録!

 

音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座の詳細を見てみる

憧れのアルトサックスを思い通りに吹いて楽しみたいという方には、

基礎からジャズ演奏まで完全収録のお得な3弾セットもあります↓↓