音色をイメージしよう

サックスは、音色をイメージすることが大切と言われてるのをご存じですか?
これは楽器以外にも、アスリートなどのスポーツ選手の多くは、イメージトレーニングをしています。

 

 

ゴルフや野球の一流選手なら、打球が描く軌道をイメージ出来るとも聞いたことがあります。
また、これは本で読んだのですが、弓道の名人とも言われるような先生にもなると、的に向かって矢を射ようと弓をいっぱいに引いた際に、手を離す前に的のどの部分に当たるかが見えているそうです。

 

 

実はサックスもこうあるべきだと思います。
つまり、吹く前に音が聞こえるのが理想で、「変な音しか出ない」というのは、どういう音色を出したいのかきちんとイメージ出来ていないからだと言えます。

 

 

それにはまず、自分の好きなサックスの音を具体的に決めることです。
これはCDなどで聴いたプレーヤーでも良いですし、憧れている先輩の音色でもいいです。

 

 

とにかく、自分が出したいのはこの音だと見えていることが大切です。
そして、自分が吹く時にその音が出せていることをイメージしましょう。
私の場合は、ジャズが好きなので、好きなそのプレーヤーの吹いた音を音符の連続ではなく、歌い方で追いかけるようにしています。

 

 

そうすると息の使い方が分かり、音色やスタイルも似てくるんですね。
いずれにしても、、初心者なら尚のこと、いきなり楽器を持って吹くよりも、まずは歌って吹き方の正しいイメージを作ってからのほうが吹きやすいのでしょう。

 

 

中高年に大人気、プロ奏者が教える歌いながら上達できる方法

 

音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座の詳細を見てみる

 

 

憧れのアルトサックスを思い通りに吹いて楽しみたいという方には、

基礎からジャズ演奏まで完全収録のお得な3弾セットもあります↓↓