マウスピースとリードの選び方

アルトサックスのマウスピースとリードの選び方をご存じですか?
マウスピースとリードはそれ自体が音を出すものなので、楽器の中でも一番大切な部分ですね。

 

 

そして、マウスピースの選び方としては、先端があきの広いものと狭いものがありますが、アルトサックス初心者はまん中あたりのものを使うと良いです。
初めての人は唇の締め具合が一定しないので、空きが広いと音程が定まらなかったりします。かと言って狭すぎると、リードがマウスピースについて音が出なくなったりします。

 

 

一方のリードは、数字で硬さが表示してあるものと、ソフト、メディアム、ハードに分かれたものがあります。数字の場合なら2が最も軟らかく、2半、3、3半の順にだんだん固くなっていきます。
軟らかいリードは音が出やすい反面、音色がやや濁るので、アルトサックス初心者の方なら2半の硬さが適していると思います。

 

 

そして、リードならどれでも同じように鳴ると思っている人もいるかも知れませんが、同じメーカーでも良く鳴るものと、そうでないものがあります。
その為、リードの選び方は見ただけでは良い悪いは分かりません。

 

 

そこでリードの選び方としては、楽器店でリードを5枚くらい購入して、それを吹いてみて、その中から音の出やすいもの、大きい音が出るものを選んで使うようにすると良いでしょう。
5枚くらい買えば、そのうち1枚くらいは鳴るのがある筈です。

 

 

アルトサックスは鳴るリードを見つけることが良い演奏につながるので、新しくても鳴らないものよりも、古くても鳴るものを使うようにしましょう。

 

 

サックスの教室に通うよりも上達が早い方法!

 

音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座の詳細を見てみる

憧れのアルトサックスを思い通りに吹いて楽しみたいという方には、

基礎からジャズ演奏まで完全収録のお得な3弾セットもあります↓↓