ロングトーンは音作りの基本

音つくりの基本はロングトーンですね。
ご存じだと思いますが、ロングトーンは、文字通り長い音を吹いで、ひとつの音をただ伸ばすだけです。

 

 

ですが、熟練の度合いによって同じ練習をしていても意識していることも違います。そして、なぜロングトーンを練習するのか、しっかり目的を持つことが大切です。

 

 

そして、サックス (サクソフォン)の場合なら、音域が狭いことから、ある程度吹けるようになって時間に少しでも余裕があれば全音域を吹くようにしましょう。
例えば、「もっと良い音を出す」「音が震えないようにする」「リラックスしてたくさんブレスが出来るようになりたい」「音程を良くする」「音域によってムラがないようにする」など、自分の目的を持って行えば継続して続けられますね。

 

 

そもそもアルトサックス初心者をはじめ、誰でも美しい音を持っています。
例え今はダイヤモンドの白く濁っているように見える原石のような状態の初心者であつたとしても、磨けば必ず光り輝くのです。

 

 

例え、今は自分の音が変だと感じていても、いつかは良くなるという望みを捨てないことです。その為には自分の理想の音のイメージを持つことが大切です。
その上で、自分の理想の音に近づける為には基礎練習は欠かせません。

 

 

ですが、何となくアルトサックスを吹いているだけでは、いつまでも上達できず原石のままです。
あなたの理想の音のイメージと本来持っている美しい音がうまく混ざりあって音が輝くのです。
早速、あなたも自分の理想の音作りを始めましょう。

 

 

プロが教える良い音で吹く方法!

 

音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座の詳細を見てみる

憧れのアルトサックスを思い通りに吹いて楽しみたいという方には、

基礎からジャズ演奏まで完全収録のお得な3弾セットもあります↓↓