サックスのいい音の出し方

サックスでいい音が出すことが出来ていますか?
プロのサックスの演奏しているのを聴いて、その音色に一目惚れてしまうという人も多いことでしょう。

 

 

そもそも「いい音だなあ」と感じるのは、音の出だしと終わりを聴いた時ではないでしょうか。
当然ですが、プロはこれがとても上手なんですね。

 

 

ブッと雑音が入ったような音で始まったり、貧弱なひょろひょろとした音で終わることはありません。
アマチュアでも、いったん音がきちんと出ればそれなりに調子よく吹き鳴らしますが、吹き終りになると息が足りなくなってブッ切りで終わったり、尻切れトンボになったりします。

 

 

実は、これは全て過去の私のことなんですけどね。
初心者などの息のコントロールが上手く出来ていない人は、まずは短いフレーズで構わないので、始まりと終わりの音を含めて、最もいい音で吹けたという体験を得るところから始めるといいと思います。

 

 

そして、上手く吹けたときは、吸った息にまだ余裕が残っている筈です。
このような吹き方が出来るようになると、全体的にも余裕が出てくるようになって、息切れでフレーズが途切れてしまうようになるようなことはなくなります。

 

 

また、私も以前は必死で吹いているのに楽器が反応せず、ちっともいい音がしなかったんですね。
ですが、これは息の出はじめが口の中になっていたからでした。

 

 

サックスを吹くということを歌うことだと考えてみると、マウスピースとリードは人間で言えば声帯にあたります。
指で操作するのは口の中、ベルは唇と言えるでしょう。
このように意識してみると、楽器は自分の体の内側にあるということが分かるのはないでしょうか。

 

 

何より、歌をうたう時には、お腹から声を出しますよね。
サックスも息の準備がしっかり確認できたら、歌をうたうようにお腹の底から息を出発させるつもりで吹くといい音がでやすいのです。

 

 

この吉野ミユキ監修の歌うだけでサックスがぐんぐん上達する初心者向けアルトサックス講座では、既に私のような50代以上の方が多く挑戦されており、歌うことから始めるのでいい音を出し方も分かり、挫折せずに楽しく続けられていますよ!。

あなたも「趣味はサックスです」と言えるように一緒に頑張りませんか。

 

中高年に大人気、サックスの教室に通うよりも上達が早い方法!

 

音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座の詳細を見てみる

憧れのアルトサックスを思い通りに吹いて楽しみたいという方には、

基礎からジャズ演奏まで完全収録のお得な3弾セットもあります↓↓