マウスピースの加え方とダンギング

サックスでは、まず「音を出してみる」ことが大切ですね。
そして、アルトサックスの演奏で重要なもののひとつが、マウスピースのくわえ方とダンギング(舌打ち)です。

 

 

管楽器は、すぐに音が出ないから大変と思うかもしれませんが、サックスに関しては、ギターやドラムなどとそれほど差はありません。教室に通うと先生から事細かに教えてもらえるのですが、独学となるとそうはいきませんね。

 

 

マウスピースのくわえ方としては、下唇を下の歯に少し巻き込むようにして、唇を両側にひっぱり、マウスピースをその上にのせます。
上の歯はマウスピースの先端から、1.5cm前後のところに直接当て、固定するような感じで加えます。

 

 

そして、音を出す時は、必ずダンギング(舌打ち)します。
ダンギングとは、マウスピースにtu(トウー)と発音をしながら息を吹きこむことです。

 

 

やり方としては、最初に舌をリードに軽く当てて息を止めておきます。次にtu(トウー)と発音し、舌をリードから離し止めていた息を吹き込み音を出します。
アルトサックスを始めたばかりの初心者のうちは、ダンギングの加減が分からず、つまったようになったり、「べー」という感じになることもあるかもしれませんが、毎日練習していくうちに徐々に要領が分かってくるようになるでしょう。

 

 

なお、このプロのジャズ・サックス奏者の吉野ミユキ監修の歌うだけでサックスがぐんぐん上達する「音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座」では、誰でもできる簡単なところからスタートするので、楽しく続けていただけます。正しいアンブシュア(口周辺の使い方)やタンギング(基本的な演奏法)なども、 一歩ずつゆっくり丁寧に教えていきますので、ご安心ください。

 

また、教室とは違い、自分の好きな時にレッスンできるので、時間の決まった教室よりもずっと効率よく 上達することが可能です。しかも独学ではないので、正しい演奏が身につく練習法もわかります!

 

サックスの教室に通うよりも上達が早い方法!

 

音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座の詳細を見てみる

憧れのアルトサックスを思い通りに吹いて楽しみたいという方には、

基礎からジャズ演奏まで完全収録のお得な3弾セットもあります↓↓