オクターブキーの使い方

オクターブキーの使い方が上手く出来ていますか?
サックスには、指の押さえ方をそのままにした状態でオクターブキーを押すだけで、1オクターブ高い音が出すことが出来るようになっています。

 

 

これは他の楽器にはないサックスだけにある特徴と言えるので、初心者の方はオクターブキーの使い方などには十分に時間をかけて練習することが大切です。
そして、オクターブーキーの押さえ方は、サックスはストラップと右手の親指で支えていますので、左手は楽器を軽く握るつもりで、台のところに親指を置き、あくまで指先に力が入らないようにして軽くオクターブーキーを押します。

 

 

ですが、逆に力が指先に入ってしまうと、体全体が力んでしまうようになり、音にも力が入った感じになるので注意しましょう。

 

 

また、アルトサックス演奏する時のオクターブキーの注意点としては、ベルから音を出し、その音色や音程を良く聴き、低い響きがなくならないように、力を入れすぎないことです。
更に、大きな音に無理にしょうとはせずに、楽に息を吐きましょう。

 

 

なお、アルトサックスは、ただ指を置けばいい音が出せるとは限りません。

吉野ミユキ監修の歌うだけでサックスがぐんぐん上達する初心者向けアルトサックス講座では、今後速い曲を吹くときに役立つ指使いのコツなどが学べます。
新しい音を覚えると同時に、これからの演奏につながる色々な音の指使いなどのコツもマスターしておきましょう。

 

初心者からでも1オクターブをマスターして曲を吹こう!

 

音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座の詳細を見てみる

憧れのアルトサックスを思い通りに吹いて楽しみたいという方には、

基礎からジャズ演奏まで完全収録のお得な3弾セットもあります↓↓