ケニーGのように初心者からサックスを吹くには?

ケニーGをご存知でしょうか。
現在はインターネットが急速に普及したこともあり、名盤CDやアルバム、ライブ映像までユーチューブなどの動画サイトで、見たり聴いたり出来るようになりましたね。

 

 

その中でも、サックス界のスーパースターであるケニーGのアルバムは全米2位を記録し、これは歌詞や歌唱のない演奏だけのインストルメンタルでは、異例のヒットになりました。

 

 

やはり、ケニーGさんの憧れの演奏を聴くと、自分でも「サックス吹きたい!」と思った人も多いでしょう。
ただ、ケニーGさんの吹いているのは、まっすぐで縦笛みたいな形のソプラノサックスなんですね。

 

 

そして、いつも目にするアルファベットの「J」みたいな形のサックスは「アルトサックス」です。
一般的には、その扱いやすさやコントロールのしやすさから「アルトサックスから始めましょう」とアドバイスされることが多いものです。

 

 

ソプラノは、アルトなどに比べて菅が短いので音程を取るのが難しく、特に高い音を正しい音程で吹くのが難易度が高く、何も考えずに吹いていると音痴な音が出てしまいます。
更に、低音域と高音域の音質の差がとても大きく、全音域の音質をコントロールして滑らかに吹くには、かなり根気よく練習しなければいけません。

 

 

ですがアルトサックスは、ソプラノに比べ初心者の方でも吹きやすい楽器です。
大きさや価格も手頃で、子供もから大人までとっきやすく、サックスの中では一番吹きやすいと言われています。
また、愛好家も多く楽譜も豊富で、パーツもたくさんありますので、揃えやすい楽器でしょう。

 

 

しかし、その独特の艶っぽい音を出すのは案外難しく、「自分も吹いてみたい!」と吹くきっかけをつかんでも、やはりその道のある領域に達した人から教えてもらったり、手本となるようなものは必要でしょう。

 

 

とは言っても、近くに教えてくれる先生や教室がなかったり、いざ通うとなると敷居が高いことから、一歩踏み出せないという人も少なくありません。
実際に初心者はただでさえ恥ずかしいのに、自分よりも若い先生に笑われて傷つくことも多く、そうした指導現場が少なからずあるのはとても残念なことです。

 

 

やはり人それぞれ相性というものがあるんですね。ですが、そこで諦めるのは非常にもったいないことです。
そこで、オススメしたいのが、プロがDVDでサックスの吹き方を教えてくれる便利な教材です。
楽器を初めて持つと、まず吹きたい、音を出したいと思うのですが実際に出そうと思っても、なかなか良い音は出ません。

 

 

実は、サックスはいきなり楽器を持って吹くよりも、歌って吹き方の正しいイメージを作ってからのほうが、 初心者には吹きやすいのです。
何故なら、サックスは楽器の中で最も人声に近い音域だからです。

 

 

この革命的なレッスンを始められたのは、ジャズ界のアルトサックス奏者として有名な吉野ミユキ先生です。
初心者が一人でレッスンを受けても吹けるように、とっても分かりやすく解説しています。
そして、歌うことで上達できるんですね。

 

 

歌なら、早朝や夜中など、楽器を吹けない時にも練習できますし、何より楽譜が読めない初心者からでも名曲が吹けてしまうので、忙しい大人にはぴったりでしょう。

 

 

サックスの教室に通うよりも上達が早い方法!

 

音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座の詳細を見てみる

憧れのアルトサックスを思い通りに吹いて楽しみたいという方には、

基礎からジャズ演奏まで完全収録のお得な3弾セットもあります↓↓