ジャズでアドリブをするなら

サックスをやるならジャズと思っている人も多いと思います。
ところがジャズの醍醐味であるアドリブを目前にすると、途方に暮れてしまうという人も多いでしょう。

 

ジャズでアドリブ

 

特に、学生の頃に少し吹いた後、ブランクがあって、最近になってサックスを手にした人に当てはまるかもしれませんね。かくいう私もそうでした。(>_<)
頭に浮かんだフレーズをその場で演奏しますが、「どうすれば浮かぶんだ」と思ったものです。

 

 

そもそもアドリブとは、即興演奏という言葉としてある程度定着してきているように思うんですけど、ジャズを知らない方のなかには、でたらめとは言わないまでも、その場で作りあげた難解で理解しがたいものと決めつけている人もいるみたいです。

 

 

で、ジャズの場合はメロディに付けられた伴奏和音の連結ともいえるコード進行に基づいたアドリブの方法を言うんです。もちろん、スタイルによっては多少の違いはあるんですけどね。

 

 

もうちょっと詳しく言うと、その曲のコード進行に沿った音のつなぎ方(ガイドトーン)やプレーヤーがストックしたリックと呼ばれる各種フレーズを組み合わせて、曲想に合わせて楽器で歌うことです。

 

 

これはあくまで一つの例えで、定義ではないんですけど、ジャズ演奏の主流派の殆どはこのように言えるかと思います。
だから、アドリブをする場合は、フレーズが頭に浮かぶのではなく、コード進行を聴くとそれに反応して指が覚えているというのが近い気がします。

 

 

いずれにしても、私たち凡人に頭に浮かぶスレーズなど期待できません。
特にアドリブ初心者に「めちゃくちゃでいいのでとにかく頭に浮かんだことをやってみて」というのはかなり厳しい教え方なのでは?と思います。

 

 

アドリブをやりたいという方なら、最低限のジャズ理論であるコードとスケールの考え方は勉強しておいたほうがいいです。
コードを避けたいという方もたくさんいるとは思うんですけど、ちょっと進行の仕組みを理解すれば、ジャズのアドリブの入り口はそう遠くはないかなと思いますよ。('ω')ノ

憧れのアルトサックスを思い通りに吹いて楽しみたいという方には、

基礎からジャズ演奏まで完全収録のお得な3弾セットもあります↓↓