自分で歌うことのメリット

サックス(サクソフォン)は、最初に出そうとしている音を声に出して歌ってみることが大切です。

 

歌うことのメリット

 

何故ならサックスなどの管楽器は、ピアノなどとは違い演奏者が意志を持って音を発しない限り目的の音が出ない作音楽器だからです。

 

 

一方、ピアノなどの鍵盤楽器は固定楽器と言われ、鍵盤を適当に押さえても音は出ます。
この特徴こそが、サックスをはじめとした作音楽器の難しいところです。

 

 

ですが、演奏者が明確な意思をもって音をコントロールすることで、微妙なニュアンス、音の表情といった自由で多彩な音楽表現が可能になるということでもあります。

 

 

ただ、闇雲に演奏しようとしても、その音には行き着きにくいものです。
ところが、この作音楽器の特徴によってサックスの音程の自由度が増し、音に細やかなニュアンスや表情を加えることが出来るわけです。

 

 

基礎練習をするときも、自分が出したいという音が出るように明確な意思を持って練習していくことが大切です。
それには、出そうとしている音を声に出して歌ってみることがポイントで、まずは自分で奏でるを音をイメージして歌ってみるのです。

 

 

声に出して歌うことと、サクソフォンで演奏することを繋ぎ合わせることで、より理想的な音に近づけることが出来るようになれるのが歌うことのメリットです。

 

 

なお、サックスはマウスピースに取り付けたリードの流れで振動させて音を作ります。
アンブシェアは口を尖らせたり、唇の両端を引き過ぎたりしないように気をつけてくださいね。

 

憧れのアルトサックスを思い通りに吹いて楽しみたいという方には、

基礎からジャズ演奏まで完全収録のお得な3弾セットもあります↓↓


関連ページ

マウスピースとリードの選び方
アルトサックスを吹く正しい姿勢と呼吸法
マウスピースの加え方とダンギング
サックスを学ぶ方法はどれがいい!?
サックス(サクソフォン)の組み立て方
アンブシュアの練習方法
ロングトーンは音作りの基本
サックスの手入れの仕方
オクターブキーの使い方
サックスの指の動かし方
スラーなど音に表情をつける記号
サックスで結婚式の人気の曲が吹ける!
ケニーGのように初心者からサックスを吹くには?
ビブラートのかけ方
フレーズに表情をつけよう
サックスの魅力は知れば今後の人生が一変する
サックスの良い音の出し方が分からない
サックスは先生と対面実地レッスンしか上達しないのか?
サックスは肺活量に自信がなくても吹ける
サックスの組み立て方
楽器演奏は筋肉運動
ブルージャイアントでサックスを始める大人が増えている
サックスのいい音の出し方
音色をイメージしよう
サックスはビジュアルも軽視できない
サックスは恥をかいた人のほうが上達する
ジャズでアドリブをするなら
サックスとリコーダーとの違い
サックスの楽しみ方
サックスのジャズのタンギング
サックスの姿勢を直すエクササイズ
高音と低音が出ない
練習嫌いだけど、上手くなるには?
アルトサックスのアドリブ練習とは?!お手本を真似ることが第一歩
アルトサックスを家で練習!大きな音が出せないときには、、
ジャズサックスは理論より実践
サックス教本の市販のおすすめは?
趣味(サックス)と旅行を比較!年齢を重ねてから上達する一つのポイント